読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perl日記

PerlとかRubyとかPHPとかPythonとか

Scalaのクラスのコンストラクタの引数の可視性

valをつけるとattr_reader、varをつけるとattr_accessorになる。(Perl日記だけどRubyで例える)
何もつけないと、privateになる。

// aは何もつけない、bはval、cはvar
class Hoge(a: Int, val b: Int, var c: Int) {
  def getA = a
}

val hoge = new Hoge(123, 234, 345)

// READ

hoge.a
// error: value a is not a member of Hoge

hoge.b
//=> 234

hoge.c
//=> 345

hoge.getA
//=> 123


// WRITE

hoge.a = 444
// error: value a is not a member of Hoge

hoge.b = 444
// error: reassignment to val

hoge.c = 444
//=> 444

ケースクラスの場合は、何もつけないのが上記の普通のクラスのvalにあたる。

case class Bar(a: Int, val b: Int, var c: Int)

val bar = Bar(123, 234, 345)

// READ

bar.a
//=> 123

bar.b
//=> 234

bar.c
//=> 345


// WRITE

bar.a = 444
// error: reassignment to val

bar.b = 444
// error: reassignment to val

bar.c = 444
//=> 444

ScalaでCharをtoIntすると文字コードになる

はまったのでメモ。


"1234567890" という文字列を List(1,2,3,4,5,6,7,8,9,0) という形にしたい。
やってみた。

"1234567890".toList
//=> List[Char] = List(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 0)


"1234567890".toList.map(_.toInt)
//=> List[Int] = List(49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56, 57, 48)

なんか値がおかしい。


調べたら、CharのtoIntは文字コード変換になるようだ。

なので、toStringをかますと一応ちゃんと動く。

"1234567890".toList.map(_.toString.toInt)
//=> List[Int] = List(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 0)

またasDigitを使えば一発でいける。

"1234567890".toList.map(_.asDigit)
//=> List[Int] = List(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 0)

Scalaのcollectionのviewを覚えた

RubyのEnumerable#lazyみたいなやつ。

実際の中間処理をその場で実行せずに、forceメソッドが呼ばれたときとか、ループするときに、一気に実行する。

// 中間データができてしまうパターン

(1 to 10).map(_ + 1).map(_ + 2)

// scala.collection.immutable.IndexedSeq[Int] = Vector(4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13)


// viewで遅延させるパターン

(1 to 10).view.map(_ + 1).map(_ + 2)

// scala.collection.SeqView[Int,Seq[_]] = SeqViewMM(...)

上のviewの場合は、まだビューオブジェクトのままで、止まっている。

上述のように、forceかループで実際に実行する。

(1 to 10).view.map(_ + 1).map(_ + 2).force
//=> Seq[Int] = Vector(4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13)

(1 to 10).view.map(_ + 1).map(_ + 2).foreach(println)
//=> 4
//=> 5
...


無駄な中間データを作らない、という点で、以下のような場合も有効。

(1 to 10000000).filter(_ % 2 == 0).take(10)
//=> scala.collection.immutable.IndexedSeq[Int] = Vector(2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20)

// 最初の10個以外は完全に資源の無駄づかい


// viewを使うと、

(1 to 10000000).view.filter(_ % 2 == 0).take(10).force
//=> scala.collection.immutable.IndexedSeq[Int] = Vector(2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20)

// 内部で融合して、偶数が10個になった時点で、値が返ってくる