Perl日記

PerlとかRubyとかPHPとかPythonとか

情報セキュリティマネジメント試験の復習

先日、IPA情報処理技術者試験「情報セキュリティマネジメント(SG)」に合格した。
合格はしたものの幾つか間違えてしまったので、その問題を復習する。

 

平成30年度春期 問題・解答のページ
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2018、平成30年)

 

情報セキュリティマネジメント(SG)

午前 問題PDF 解答PDF
午後 問題PDF 解答PDF

 

続きを読む

VR結月ゆかりごっこをやってみた-メモ

r9.hateblo.jp

昨日の続きのメモ。

カメラ切り替えと自撮り

カメラ切り替えと自撮りもやってみたけど、Unity歴とC#歴が浅すぎて全くわからなくて、
とにかく動かすの精神で以下のような強引な感じでやれたのでメモ。

最初に「使うカメラは4台だ!」と決めうち。

switchCamera1.csというスクリプト

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using VRTK;
using VRTK.UnityEventHelper;

public class switchCamera1 : MonoBehaviour
{
    public Camera cam1;
    public Camera cam2;
    public Camera cam3;
    public Camera cam4;
    public UnityCam unitycam1;
    public UnityCam unitycam2;
    public UnityCam unitycam3;
    public UnityCam unitycam4;

    private VRTK_Button_UnityEvents buttonEvents;

    // Use this for initialization
    void Start()
    {
        buttonEvents = GetComponent<VRTK_Button_UnityEvents>();
        if (buttonEvents == null)
        {
            buttonEvents = gameObject.AddComponent<VRTK_Button_UnityEvents>();
        }
        buttonEvents.OnPushed.AddListener(handlePush);
    }

    private void handlePush(object sender, Control3DEventArgs e)
    {
        VRTK_Logger.Info("Pushed");

        cam1.enabled = true;
        unitycam1.enabled = true;
        cam2.enabled = false;
        unitycam2.enabled = false;
        cam3.enabled = false;
        unitycam3.enabled = false;
        cam4.enabled = false;
        unitycam4.enabled = false;
    }
}

VRTK_Buttonを持つオブジェクト(カメラ切り替えのボタン)にこのスクリプトを付ける。

通常のカメラと出力用のUnity Camを4つドラッグアンドドロップで関連付ける。

f:id:rightgo09:20180429232658p:plain


これを4つのボタン分繰り返して、cam1とunitycam1に当たる部分を有効にしたいカメラになるようにした。


すごい力技感ある。久しぶりに「動けばいい」を体現させた気がする。

まとめ

最近は体系的に学ぶことの方が多かった中で、久しぶりに「こういうのをやってみたい」を原動力にしてがんばれたので、すごく新鮮な気分になった。

「とにかくやってみる」の大切さを思い出せた、と思う。

VR結月ゆかりごっこをやってみた

昨日の2018-04-27に、月イチの成果発表会で、「VR結月ゆかりごっこ」を発表した。

腕と手を動かす


ブログ1 腕と手の動き

感想

Unity歴1ヶ月弱だったけど、ここまでできたのは素直に驚いた。

それだけ、先人たちの知見や便利なライブラリが既にいろいろ揃っている状況に、感謝せざるを得ない。

いろいろわかったこともあるので、それはちゃんとまとめておこう。

あと今回の発表はエンターテイメントに割と振ったので、ちゃんとウケて嬉しかった。