読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perl日記

PerlとかRubyとかPHPとかPythonとか

Laravel5.1入門その2

app/Http/routes.phpを触る。

text/plain
<?php
Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

// 文字列を返す
Route::get('/ping', function () {
    return 'pong';
});

http://localhost/ping

pong

ただ、このままだと、Content-typeが

Content-Type: text/html; charset=UTF-8

なので、

<?php
Route::get('/ping', function () {
    return response('pong')->header('Content-Type', 'text/plain');
});

とすると、

Content-Type: text/plain; charset=UTF-8

になる。
response()はIlluminate\Http\Responseインスタンスを作るヘルパらしい。

application/json

もっと簡単で、arrayを返却すればContent-typeごとJSON形式にしてくれる。

<?php

Route::get('/myjson', function () {
    return ['foo' => 'bar', 'hoge' => [1,2,3]];
});
Content-Type: application/json

{"foo":"bar","hoge":[1,2,3]}

コントローラ

コントローラを作って動かしてみる。

$ php artisan make:controller PhotoController

app/Http/Controllers/PhotoController.php

<?php
    public function index()
    {
        return view('photos.index'); // resouces/viewsからの相対
    }

app/Http/routes.php

Route::get('/photos', 'PhotoController@index');

ビューのディレクトリを作る。

$ mkdir resources/views/photos

resources/views/photos/index.blade.php
bladeエンジンを使うには.blade.phpにしなければならない。(下のは素のHTMLだけど)

<html><h1>Photo</h1></html>

http://localhost/photos にアクセス。